読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FF考察

FFのナンバリング中心にあてもなく考えるだけ

私がFF初心者に4を進める理由

 

色々下書きあるのにふと思い立ってこれを書いています。いつも通りだね。

余談ですが、12/15発売の某スクウェアRPG、実は試遊会なるものに参加してきたんですが、某シリーズ好きにとっては「正当進化」とでもいうべき作品でした。目新しさはないけど安心感がある。シリーズものはこうでなくちゃ。キャラデザ、監督、音楽と核メンバーが変わっていないからこそ成せる術だなあと思います。このブログを読むようなスクウェア古参厨(自分含め)は好きだと思う。

 

さて本題。

タイトル通りの話です。自分は、同世代のFFのナンバリングをほとんどやったことのない人には、必ず4を勧めてる。自分にとって最初のタイトルで、思い出深いのもあるんだけど、他にも理由があるので書いておきます。

 

① 何をしたらいいかわかりやすい

どこへ行ったらいいか、今の中期目標・短期目標が何なのかはっきり分かるため、普段RPGをやらない人でも迷いにくい。セシル視点で最後まで話が進むから話が分からなくなりづらい。

 

②一応のハッピーエンディング

色々問題は残るものの、結婚・和解という平和な終わり方なので、相手にバッドエンド耐性があるか分からなくても勧められる。勧める時は基本的に人が死なないGBA版を勧めるようにしてるけど、ハードの都合上DS版しかやってもらえたことがない…。続編があるのでそちらも合わせて勧めるのもいいかも。

 

③遊べるハードが多い

3と同様の最多ハード数だと思われる。特に、多くの若者にとって現役機であるPSP3DSスマートフォンの全てで遊べるのは大きい。ちなみに筆者の友人はほとんどが女子なのもあって、据え置き機を持っている人、更にアーカイブスで遊ぶ人は少ない。スマートフォンで買い切りゲームをする層も限られてくるので、相手が普段あまりゲームをしないなら素直にDS版を勧めるのが良い。

 

④ストーリーがお決まり的である

王道ではなく、スクウェアあるあるの宝庫ってはなし。主人公の兄貴分でライバルが裏切るとか、強い幼女とか、死んだと思ったら生きてたとか、主人公を助けるために捨て身の時間稼ぎとか、黒幕とラスボスは別とか、まあとにかく、スクウェアRPGでよくある流れとか様式美みたいなものに溢れている。FFだけでなくいつかは他のスクウェアRPGもやってほしい自分としては触れやすい4でスクウェアの作風を知ってほしいな、という願いをこめつつ勧めている。

 

⑤キャラクターが不遇でない

4を機にFF系のソシャゲをはじめてくれた友人もいた。自分は夜神月の顔で「計画通り…」と言っている訳だ。というのも、4はどんなソシャゲでも不遇になることがない。前期作の中では一番優遇されてると言っても良いのではないか。例えば、前期作クラスタにもプレイヤーの多いFFRKではチュートリアルでカインがもらえる。FFBEでもセシルはかなり出やすい方だし、オペラオムニアにも既にセシルとカインは参戦が決定している。どのゲームでも4のキャラといえばこの二人はほぼ確実に出てくるし、リディアやエッジ、次点でローザもそこそこ出て来る。(ぶっちゃけどうしてこんなに優遇されているのかよく分からない)

 

⑥音楽が有名

4の音楽はとにかく名曲揃いだ。もちろん他のナンバリングもだが、4はRPG音楽として王道な割と聞きやすい曲が多い印象がある。「愛のテーマ」や「赤い翼」はゲーム音楽番組などで聞いたことがある人もいるんじゃないかと。あと、自分の世代だと、「ゴルベーザ四天王登場!」というヒャダイン氏のアレンジ曲が替え歌MADで猛威を奮ったので、FF4は知らないけどゴルベーザって名前は知ってる、みたいな人もいる。(ギャグ系の替え歌MADと言えばウエスタンショーと四天王登場の二本柱みたいなところがあった)

 

⑦4の知識を下敷きにすると他の作品が楽しい

LIVEALIVEと9のことだ。LIVEALIVEの中世編は、4のバロントリオの関係性のIFと言われているし、9の白金の針のくだりはパロムとポロムのセルフパロディだ。余談だが自分は9が好きなのだが、9の基礎知識としてやっておいて欲しいナンバリングが多すぎて簡単には勧められない。また、「おれはしょうきにもどった!」や、「おうさまのベッドでねちゃおうっと!」、「いまじゃ パワーをメテオに!」「いいですとも」とか、とにかく名言(迷言)が多く、FFクラスタ以外にも知られている。

 

他にもいろいろ4に良さはあるけど、FFを普段やらない人にプレゼンするならこんな所だろうか(もちろんストーリーは伏せるが)。とにかく面白いからやってみて!という勧め方ではいまだプレイしてもらえたことがないので、どういう面が魅力か、どう相手の知識と繋がるかを簡潔に伝えた方が良い。自分と同年代は致命的にFFと縁がない(一番ゲームをやる中高時代にナンバリングの新作が出ていない)ので、15に興味を持った人やなんかをうまーく引き込めればと思う。ちなみに筆者はこの前高校時代の任天堂クラスタの友人に4を布教成功し、今はエッジと会ったあたりらしいです。早い。FFRKを始めて、3DSシアトリズムにも興味を持ってくれました。ゲーマーに布教するとフットワークが軽くてテンション上がるね。